21世紀に向けての総合コーティングメーカー|株式会社 愛光
トップページ 製品紹介 会社案内 採用情報 お問い合わせ
製品紹介 品質保証
環境への取り組み
プラスチック成型品全般
商品例
ディップ成型によるカバーやキャップは「内型」のみで熱を加えた金型に塩ビゾルを被膜させる方法であり、外型がない為、複雑な形状のものも成型できます。又、色も各色自由にかつ、多品種少量の製品にも対応できます。
ワイヤーハーネスの端子や金具の防錆・防塵用キャップ、カバーとして広く使用されている。   絶縁や防塵、防錆を必要としている部分のキャップやカバーとして、自動車関連部品、電気機器関連部品、印刷機関連建機、住宅関連の各種部品に用いられています。
 
 
あらゆる機械、設備関連で、形状が複雑なため、射出成型などで出来ない「特殊な形」のキャップやカバーの成型が、可能です。   建設関連の「金属露出部分のキャップ・カバー」として、防錆・防塵等の目的で使用されている。また、各色が自由に選択できるので、サイズや使用箇所の差別化にも便利です。